Icon - Caries Infiltrant proximal

  • 浸潤で歯に優しい充填-ドリルは必要ありません
  • 届きにくい隣接面う蝕病変のためのわずか数段階の優しい治療方法
  • 健康な硬組織を失う必要はありません
  • 歯の寿命を延ばします
Icon - Caries Infiltrant proximal

Icon は、フッ素での再石灰化とドリルでの切削のギャップを埋めます。

適応症: 1つの手法で多数の可能性

隣接面の治療

若年層においては、特に隣接面う蝕のリスクが高い。う蝕が進行して高侵襲の介入が必要になる前に、Icon Proximal は早期に低侵襲な治療が可能です。

段階的 隣接面への施術歯間に使用する Icon

実践からのヒント

1.バイトウィング法X線写真を使用した的確な診断

  • 隣接部のう蝕の早期診断に、バイトウィング法X線写真を使用します。
  • まず、光ファイバの透過照明器などを使用して、レントゲン画像が必要かどうかを確認します。
  • バイトウィング法に便利な備品にDMG Icon X-ray Holder System があります。再現性のある同じ場所で、複数セッションにわたり、複数の画像を撮影できるので診断が容易になりや、治療が成功の判断が容易になります。

2.徐々に歯間離開させる

  • 歯間離開は、筋肉を伸ばす時のようにゆっくりと進めるのが最良の方法です。組織が加圧に対応する必要があります。
  • 抵抗が感じられるまで、歯間にウェッジを挿入します。患者さんには、軽い圧迫が感じられます。
  • 数秒間、その場所でウェッジを押さえておきます。
  • ウェッジの幅が一番広い箇所で、歯が十分に離開されるまで、ウェッジを軽く押し込みます。

3.診療記録の記載

  • Icon はレントゲン不透過性ではありません。
  • 放射線不透過性を付与するには、ある種のフィラーが必要になります。このようなフィラーは infiltrant の流動性に悪影響を与え結果として浸潤能力にも悪影響を与えます。
  • 治療状況を正確に文書化するには、各パッケージに含まれる患者カードに適切に記入してください。




パッケージ

スターター•キット
2 処置セット各処置セットには以下が含まれます:    
1 0,3 ml Icon-Etch    
1 0,45 ml Icon-Dry    
1 0,45 ml Icon-Infiltrant    
6 Approximal-Tips    
1 Luer-Lock-Tip    
4 Dental wedges REF 220341  
セット
7 処置セット。各処置セットには以下が含まれます:  
1 Syringe 0,3 ml Icon-Etch  
1 Syringe 0,45 ml Icon-Dry  
1 Syringe 0,45 ml Icon-Infiltrant  
6 Approximal-Tips  
1 Luer-Lock-Tip  
4 Dental wedges REF 220237

ダウンロード

ダウンロード